セイコープレシジョンが「ハイブリッドタグ」を発売

1月 1, 2008

セイコープレシジョンがアクティブタグとパッシブタグを一体化したハイブリッド「SecureTag WT-300」というものを来春発売するそうだ。ハイブリッドタグはNICTでも開発していたと思う。

新潟県三条市:アクティブタグによる児童のトラッキング

1月 1, 2008

新潟県三条市で2.45GHzのアクティブタグをつかった児童の位置監視システムを稼働させたそうだ。719名の児童にIDタグを配布、通学エリアの電柱や公共施設の壁など34カ所に設置。保護者が位置を見ることができるとともに、タグには非常ボタンがついていて助けを呼べる仕組み。

via Nikkei ITPro, Dec 19, 2007

サンタクロースオフィスのRFIDシステム

1月 1, 2008

フィンランドのサンタクロースオフィスでは、RFIDタグ(EPC Gen 2 UHF)を使って、訪ねてきた子供たちへのサービスを提供している。サンタオフィスへのビジターはフロントデスクでタグ付きのカードをもらって首にかける。このタグはまず入り口でスキャンしオフィス内が混雑しすぎないようにするために用いている。また、部屋に入っていくと、タグをスキャンしてサンタの持っている「金色の本」の画面に、「シンシアは今朝歯を磨きました」といった情報が自動的に表示される。この情報をみてサンタは子供に「パーソナライズしたサービス」を提供するという。また、その様子は写真とビデオで撮影され、タグとリンクする。この写真とビデオは帰りに購入することができるのだが、(壁に貼った写真を見て探さなくても、)タグを使って簡単に検索することができる。

via RFID Journal, December 17, 2007

メールアドレス変更

1月 1, 2008

しばらく前からkonomi@ubiks.net宛のメールが届かなくなっていました。大変もうしわけありません。新しいメールアドレスはrfidinjapan [at] gmail.comです。もし必要ならアドレス帳のアップデートお願い致します。

あけましておめでとうございます。

1月 1, 2008

あけましておめでとうございます。2008年1月1日。

RFIDで家電のライフサイクル管理

5月 20, 2007

@ITに家電電子タグコンソーシアムのストーリーが掲載されている。RFIDの活用によってリサイクル等が効率化され環境問題が改善すれば素晴らしいことだと思うが、いろいろと難しい問題と絡み合っている部分もあるようだ。やはり、プライバシー問題は、最も大きな社会的副作用になるのではないだろうか。

リサイクル時に使用成分情報をトレースするだけであれば、購入後?家庭で使用中のフェーズではタグを全てキルして、リサイクル回収時に生き返らせる、購入者の個人情報とタグのIDを販売時にひもづけないようにするといった処置も可能ではないだろうか。保証や修理については従来どおりシリアル番号やバーコードを使い、それが紛失/破損した場合だけタグを一時的に生き返らせるというアプローチもあるのかもしれない。

RFIDタグは基板に埋め込むのではなく、消費者が自分の意志でそのままにしておいたり取り外したりできる貼付け型が望ましいと思う。

バミューダ、全ての車にRFIDタグ

5月 13, 2007

バミューダでは、全ての車にRFIDタグが取り付けられることになった。車両登録管理に利用する。将来的には排ガス規制に車両が適合しているかや、保険に加入しているかなどもこのRFIDで管理するつもりのようだ。

IDにひもづけられるのは車両の情報だけで、個人情報とはひもづけしないシステムとなっているそうだ。暗号も利用。

via eweek?< mobuzz tv, may 10 2007

とりあえず週1で

5月 7, 2007

かなりしばらく更新をさぼっていましたのはご存知のとおりです。とりあえず週1な感じで更新しつつリハビリしたいと思いつつあります。よろしくお願い致します。

続きを読む »

利用者は2DコードとRFIDをどう受け止めているか?

5月 6, 2007

?CHI 2007 で以下の note (短い論文)が発表された。

  • Mobile Interaction with Visual and RFID Tags ? A Field Study on User Perceptions?by K. Mäkelä (Nokia Research Center) S. Belt (Nokia Multimedia) D. Greenblatt, J. Häkkilä (Georgia Institute of Technology)

あまり何も説明せずに利用者に(ケータイで)2DコードとRFIDを使わせてみて(フィンランドの街で)、利用者が両技術をどのようなものとして想定しているか比較分析している。そこに入っている情報を見るレンズというイメージが強いようなので、URLリンクが出ると、おや?という感じのようだ。

昨年開催されたワークショップMobile Interaction with the Real World (MIRW 2006)でも一部報告されているようだ。このワークショップでは、他にも、スマート物理オブジェクト系の発表がいくつかあり、PDFでダウンロード可能になっているようだ。

続きを読む »

欧州でも靴にRFIDタグ

3月 5, 2007

靴に埋め込むようだが、おそらく販売時にdeactivateするのでは

via


フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。